238 名前:名無しさん@十一周年 :2010/09/04(土) 01:39:58 ID:VxH/mUlU0

悪 質 な 朝 鮮 人 犯 罪 を 報 道 し な い マ ス コ ミ


「金允植」という韓国人は韓国で性犯罪を犯し指名手配され日本に逃げてきました。(98年9月)

しかし、マスコミはこの事実を知っていながら『日韓友好』に配慮し、一切報じませんでした。

強姦される女性たちを見殺しにしたのです。

金允植が逮捕(2000年8月19日)されたのは、約2年間で200名近くの日本人女性が強姦された後でした。

しかも、「金允植」の逮捕を報道したのは『産経新聞のみ』だったのです。

“自分が気に入らない行動を常識がないって言うのやめればいいのに。”

コンサートの演奏中に、突然客席から鳴り響く携帯電話の着信音。ほかの客にとっても、演奏家にとっても、何とも不快感の募るシーンです。しかし、そうした状況に直面した演奏家が機嫌を損ねるわけでもなく、即興の曲で粋な“お返し”をする様子を収めた動画が、ここ数日米メディアを中心に話題となっています。

この動画の主人公は、ロシア出身のヴィオラ演奏家ルーカス・クミットさん。YouTubeに投稿された「Nokia ringtone during concert of classical music」(http://www.youtube.com/watch?v=uub0z8wJfhU)では、クミットさんが美しいクラシックの楽曲を演奏しているところから始まります。そして、まさに曲が静かに終わりを迎えようとした瞬間に、客席にいた人物の携帯電話が鳴り出してしまったのです。

本来ならば曲の余韻に浸りたい、静寂の数秒であるはずの“間”を邪魔した着信音。あまりにも最悪なタイミングで起きてしまったアクシデントに、クミットさんも思わず音が鳴るほうに目を向けています。そして、しばし考え込んだ彼。ひょっとすると、怒り出してしまうのではないか……と、ほんの一瞬ではありますが、緊迫した雰囲気が動画の中から伝わってきます。

しかし、クミットさんは軽く微笑むと、即興で着信音のメロディをヴィオラで奏で始め、数秒間演奏。自分の演奏を邪魔されたにも関わらず、すぐに披露したこの粋な“お返し”には、客席から拍手喝采が贈られました。

実はこの動画、投稿されたのは昨年7月と少し前のこと。それが半年以上も経ったいま話題となっているのは理由がありました。1月11日にニューヨーク交響楽団がマーラーの交響曲第九番を演奏するコンサートを行った際に、客席の最前列付近からiPhoneの着信音が鳴り出し、怒った指揮者が演奏の途中で曲を止める事態に。会場はブーイングの嵐に包まれ、なんとも後味の悪い演奏会になってしまったそうです。

このニュースが広く全米で伝えられると、観客のマナーを問題視する声と同時に、指揮者の対応にも批判の声が続々と上がりました。ちなみに、iPhoneを鳴らしてしまった男性は会場でパニックになり、さらに演奏会を台無しにしてしまったと、その後の数日間は一睡もできなかったそうです。

怒って演奏を止めた指揮者と、即興の演奏で“お返し”したクミットさん。この対比が話題になっているというわけです。

何はともあれ、思わず微笑んでしまうクミットさんの演奏。皆さんもぜひ一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

“ネットの人の方ばかり向いて雑誌作ったら売れなかった、という某社の人の言葉は重い”
Twitter / kanose
2008-02-15 (via compozz, naha) (via ingurimonguri) (via nunnungogo) (via seriu-ghz) (via halmatch) (via jumitaka) (via katoyuu) (via gkojax)
4gifs:

Cat: Nobody mauls my humans but me! [video]

4gifs:

Cat: Nobody mauls my humans but me! [video]

(Source: 4gifs)

end0skeletal:

Orache Moth (Trachea atriplicis), family Noctuidae, Lithuania

photo by FreezingGlare on deviantART)

○○大学○学部○学科 ×× ××です。

この度は内定をくださり、誠に有り難うございます。
多くの学生の中から私を採用くださいましたこと、光栄に存じます。

一方で、今回は予想を大幅に上回る内定をいただくこととなりました。
内定企業につきまして慎重に審査させていただきました結果、
残念ながらこのたびは貴意に添いかねる結果となりました。
私に関心をお寄せいただきながら、甚だ心苦しい限りですが、
ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

末筆ながら、△△ 株式会社さまの今後のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

(Source: 46187)